Home

写真:UEFA.com

レアルとシャルケ、実力違いすぎ。

クリスティアーノ・ロナウドのゴールはぞくっときたね。普通のヘディングシュートだと思うだろうけど、カルバハルが右サイドでボールを持ってからソロ〜っとPAの真ん中に入っていくロナウドにシャルケのDFはマークをつけきれてない。あれだけDFとDFのど真ん中を狙って動き続けられたら迷うよね。ただでさえレアルは誰もが一発必中の得点力もつんだから、色々なDFの真ん中を動き続けてDFを引きつけられればDFラインがボロボロになってレアルのFWの楽園みたいなゾーンになる。笑

内田のボールタッチが大きいのはDF特有だからしょうがないけど、レアル相手では一瞬のスピードで寄せられてしまってきつそうだったね。腰が引けたパスが多いのは相手の寄せが鬼のような速さなのだろうな。でも残念だけど内田の現在地は世界最高峰を相手にすると歯が立たないのかなと感じた。見ている視野や反応速度があまりにレアルと違いすぎた。ボールと自分の距離を狭める自分自身のスピード(一歩目の速さ)がまだまだ足りないかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中