Home

オープン戦サイト

プロ野球もいよいよオープン戦が始まりました。球春到来!ですね。スポーツ好きにとってはJリーグの始まりとともに日々のスポーツニュースが楽しい季節が始まりました。

オープン戦は昨年セリーグ覇者の巨人とパリーグ覇者のソフトバンクが順調に勝利ではじまりました。巨人は開幕候補の菅野が3回1失点の好投、ソフトバンクは工藤新監督に初勝利を早速プレゼントをしました。

そんな工藤新監督ですが、彼は西武ライオンズの黄金時代を支えた知る人ぞ知る名投手です。工藤が監督になる時代になったかー・・・と思う人も多いのではないでしょうか。西武からダイエーに移籍した工藤氏、西武には戻らずにソフトバンクで監督となりました。

実は今年のパリーグの監督を見てみるとすごいことがわかります。4球団の監督が西武出身者なのです。

田辺(西武)、工藤(ソフトバンク)、伊藤(ロッテ)、大久保(楽天)といずれも西武の黄金時代を知る監督たちです。黄金時代を築いたのですから当然といえば当然なのですが、ソフトバンクは前監督の秋山氏も西武出身と、この数年のパリーグ監督に占める西武出身者の数は十数年前の巨人出身者祭りと同じかそれ以上です。ちなみに12球団を見てみました。各人、最も所属年数が多い球団で集計しています。

西武OB:田辺(西武)、工藤(ソフトバンク)、伊藤(ロッテ)、大久保(楽天)

巨人OB:原(巨人)、中畑(DeNA)

ソフトバンクOB:森脇(オリックス)

広島OB:緒方(広島)

阪神OB:和田(阪神)

ヤクルトOB:真中(ヤクルト)、栗山(日本ハム)

中日OB:谷繁(中日)

パリーグ監督の西武出身者率は凄いことがわかりました。

そしてこれを1度でも巨人を選手として経験している選手というくくりで組み替えてみるとこうなります。

巨人経験者

原(巨人)、中畑(DeNA)、工藤(ソフトバンク)、大久保(楽天)、田辺(西武)

長嶋監督時代にFA選手獲得を積極的に推し進めてきたが巨人がやはり多くなります。田辺監督が巨人選手時代があった事を知る人は多くはないと思いますが、1年だけ所属していました。

次に1度でも巨人でコーチ経験がある人というくくりをつけますと、こうなります。

巨人在籍経験者(コーチ、選手含む)

原(巨人)、中畑(DeNa)、工藤(ソフトバンク)、大久保(楽天)、田辺(西武)、森脇(オリックス)

森脇監督も巨人で1年コーチ時代があります。つまり2015年のプロ野球監督のうち6名が巨人在籍経験者となります。この他にも伊原コーチ、清原氏、西武の黄金時代を支えたコーチ、選手達は多くが巨人を経験しているということもわかります。また根本氏や工藤監督などダイエーに移籍した選手も多かったですね。当時の常勝西武の勝利のメンタリティは巨人も例外ではなく、どの球団でも喉から手が出るほど欲しかったということですね。それくらい当時の西武は強かったわけです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中