Home

出典:日本相撲協会ホームページ

大横綱・白鵬は偉大な「成績」を納めている平成の大横綱。大鵬や千代の富士、貴乃花、朝青龍などと比べて「強い」かどうかではなく「大相撲史上、最も良い成績おさめた横綱」なのです。英語ではグランド・チャンピオンと称されるように、現在のチャンピオンなのです。偉大な横綱かどうかは日本人的な「偉大」という称号を貰える人柄、振る舞いかどうか、後で決まる事でもあります。成績としては偉大な白鵬も、現在のままではおそらく後世には「偉大な横綱・白鵬」とは伝わらず、「平成の大横綱・白鵬」と言われる事になるでしょう。

確かに、「大横綱=誰からも尊敬される人格者」というイメージを持つ日本人から見れば、彼の素行に対して不満に思う人も多いと思います。先日の物議を醸した発言に関しても、未だに白鵬からは日本人が求めるレベルの「反省」が見えず、むしろ開き直ってる的な印象すらうける感じです。しかし横綱といっても彼はモンゴル人。人種差別とかではなく、根本的に文化が違う国からきている力士なのです。

海外にいる私から見れば、それでも白鵬は「日本人的」なほうです。海外の人の気質に多い「はっきり物事を言って意見を伝える」事と「言った後に謝罪する」という日本人的気質が融合されていて、海外の人にしては、それでも努力をしているほうだと思っています。

私個人としては朝青龍ファンだったので、白鵬はどちらかというと嫌いです。その成績の良さは好きですが、相撲に関しては「だめ押し」「懸賞をもらうときの品のないドヤ顔」が多かったりと好きではありません。

ただ、朝青龍の態度は別として、白鵬に関して言えば、相撲の技術、考え方は学べても、日本人が古来より脈々と受け付いてきた「道」の精神は、白鵬自身が一代で、それも数年で学べるものではないと思っています。特に外国人にとって「謝罪」の意味合いは、日本人の「謝罪」と全く違いますからそれもこのような騒動を通じて学んでいくしかありません。謝罪だけは自分で経験して学ぶものですからね。

また、外国人からみたら相撲は「プロスポーツ」であり行事や審判などは「レフリー」です。前述したとおり横綱を英語で言えば「グランド・チャンピオン」です。総合王者的な意味合いになってきます。大相撲が年々国際化を進めて、スポーツの要素を高めてより時代にマッチした形になっていく以上、古来から続く日本人的な思想は相撲界の中で必ず希薄になっていきます。その中で、見る側にも「相撲の道」への期待の仕方を、時代にあわせていく必要があります。例えば大横綱と偉大な横綱を自分の中で分けたり、「白鵬は総合王者」「大鵬は偉大な大横綱」などですね。これだけボーダレス化が進む大相撲の世界で、1つの思想で全力士を管理することは、理想であっても現実的には不可能です。

それゆえに、日本人横綱が待たれる最大の理由は、日本人がそろそろ「本当の横綱」をみたいからなのだと思います。ガッツポーズをしたり、だめ押しをしたりする外国人力士の相撲を取る横綱ではなく、負けた相手を勝負以外のところで追い詰めない「相手を尊敬する」相撲「道」を極めた横綱を見たいということなのでしょうね。

白鵬は「相撲道に邁進」という言葉をよく使いますが、彼は若いですから、まだ「道」なんてものはわかっていません。日本人と比べてもその道のりは長いと思います。従い、横綱とはいっても、彼はまだグランドチャンピオン・白鵬に過ぎず、長い相撲人生、長い日本人としての人生を経てたどり着く「相撲道」にはたどり着いていません。だから、見ている側も、彼にそこを求めてはいけないと思います。まだ20代の青年なのですからね。

先日、NHKの「爆問」で武双山がヒーローインタビュールームを紹介する際に「負かした相手への礼儀もあるので、インタビューでは下手なことはいえません」と素で言っていました。その時に「ああ、これが日本人(私自身も)が好きな道なんだよな」と思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中