Home

imgres-2今年公式戦初戦は浦和の逆転負け、ACL初戦はのJリーグ勢は勝利なしという結果に終わってしまった・・・。森脇に始まり、森脇に終わる。そんなゲームだったね。

昨年のJリーグで浦和のシーズン後半の失速を見ていた人から見れば「またかよ」というシチュエーションだったと思いますが、これは浦和の選手の問題でもあり、クラブとしての監督選びの歴史の結果でもあるなと感じます。

シーズン前半は各クラブまだ優勝や降格をかけて必死に・・・というモードではなく、勝ち点を手堅く増やす方法でリスクは取らないサッカーをしてきくる。しかし、後半になれば残り試合数も少なくなので総力戦で後にダメージが残ってもこの試合を勝ちに行くという試合が続く。この違いが浦和の弱点を顕著に表しちゃうわけで。

「パワープレーに浦和は弱い」

そのような印象を多くの人が持っていますが、まさにその通り。ではそれはなぜかというと、浦和の場合は「柔軟性がない」「流れに支配される」特徴があるんだよね。これはフィンケのあたりからそうなってきた。

フィンケ以降、走るサッカーを標榜した浦和は、「ポゼッションサッカー」に終始し、「自分で攻撃をするための試合作り」ということに専念してきた。でも、これが結局のところ仇になっていて、どの監督も「攻撃のための試合作り」をしたら解任や退任を繰り返して、結局「どう守るの?」という事を教えずに今に至ってしまった。歴代の監督のおかげで「攻撃の方法」は身につき、浦和の選手たちも楽しそうに攻撃をしている。しかし、結局のところは守り方がわからないままになっている。

攻撃のペースの作り方は多彩な反面、守備は極めてワンパターン。大きなポリシーもなく、攻撃に引っ張られた属人的な守備で統率力がない。しかしポゼッション率があがったことで守備の機会が減ったために、猛攻にさらされる時間は減ったこともあり全体的な失点は減ってきている。しかし猛攻にさらされるとあっさりとゴールを割られてしまう。

つまり、浦和にリードされたら「パワープレーしておけ」となる。

浦和の弱点は、試合の流れの変化、例えば相手が通常のプレーからパワープレイに切り替えてきたときなど、チーム全体で対応する力がないということ。攻撃では試合の流れが作れても、守りでの流れがつくれない、いわゆる守備のメンタリティを完全に失っている。かつては守備の浦和と言われた姿はもうない。

ミシャ監督はそこに気がついていて、攻撃ではある程度大丈夫だろうという前提において、守り方を構築していくために、即効性のある対策として広島と同じ形を作ろうと、自分が信頼しているディフェンス陣をを広島からこれでもかと呼んできた。着眼点として、彼はその点で優秀な監督だと感じているし、数字上は結果も残している。しかし、最も重要な流れを変えられた後の守りかたについてはまだ対応しきれていない。

ギド時代の栄光を古いサッカーとして「負の遺産」としてみてこなかったクラブ側にも問題があり、やはり浦和はそのギド時代を経験しているベテランを冷遇しすぎた。試合の終わらせ方、厳しい時の耐え方を知っているベテランをさっさと放出してしまい、攻撃力で栄光を勝ち取ってきた選手を集めてしまった。

だからなんだ?となるだろうが、私はこのポイントに「浦和レッズ」の特殊性が関係していると思っている。このチームはJリーグに2つとないビッグクラブ、浦和レッズであると他チームから思われているという点をまずクラブや監督は本当に知るべきだと思う。ギドは成功し、なぜ他の監督は成功できないのか。それはギドが浦和レッズを知っていたからというのが大きいと思う。

選手としても浦和を経験したギドは、強くても弱くても相手チームは浦和と対戦するときは異様にモチベーションが上がり、大観衆の中でプレーできるサッカー人としての幸せを明らかに感じて試合に臨んでいるということを知っていた。つまり、大規模クラブを潰す「ジャイアントキリング」を常に狙われているということを彼は選手時代、監督時代に経験し、良く理解していた。

だから、浦和の宿命であるこの環境からみて、勝ち続けることの難しさを理解していたギドは、負けないという部分からまずチームを作り、そこから勝てるプレーヤーとして世界的にも攻撃に優れているブラジルから選手を獲得してきた。ブラジル人が数名いれば点を取ってくるだろうという割と大雑把な攻撃だったが、世界的に見てもトップにブラジル人を置くのは普通だし、攻撃がFW頼みになるのもごく当然の話で理にかなっていた。守りは論理的に、攻めは野性的にという感じだった。

だからこそ守備には、闘莉王、坪井、山田暢、鈴木啓太、長谷部、三都主、細貝など、新旧代表クラスの選手を配置した。現在の浦和もリーグ上位チームで、チーム内には有名人はいるが、代表に常連で選ばれるのは西川くらい。つまり客観的に見ればDFは評価をされていない。

野球でもいつの時代も優勝常連といわれるチームは補強の優先順位を投手にあげてきた。巨人、西武、ソフトバンク、中日、ヤクルトなど一時代を築いてきたチームは必ずといっていいほど最多勝候補の投手や名捕手を揃えていた。つまり優勝候補には各チームエース級を当ててくるので、乱打戦にはなりにくい、つまりいかに失点を少なくしていくかを考えていた。

スポーツは違えど、立場関係における備え方は全く同じ。

浦和は「ただの有名クラブ」ではなく「常にジャイアントキリングを狙われる」対象であるということを忘れてはいけない。それが変わらない限り、「流れは相手任せ」のサッカーは今年も続くだろうね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中