Home

imgres-1大阪の試合は、もはや王者の試合と言って良い。ゲームをコントロールすることに集中する選手がいて、試合を決めることだけに集中している選手がいる。全員がおとなしく無意識のうちに「遠藤」に従っている。大阪の黄金時代は今なのかなと感じさせられる試合だった。

先制のシーンもパトリックに当てたらどこにボールを出すかというものを練習してきたのだろうね。宇佐美の動きは練習を重ねて信頼をしている動きだった。

一方の浦和はACLでの敗退と全く同じパターン。サイドからの攻撃に対してニアに厚く、ファーに薄くという守り方だけど、ボールが上がった時、6人いる浦和守備陣は全員ボールを見てしまっている。しかしパトリックと明神にはしっかりと触っているDFもいるので、競り合った末にパスを出されたニアはしょうがないかなという感じ。しかし昔の闘莉王のように1人で相手のFWをねじ伏せられる選手がいれば、ここまでニアに人をかける必要もない。その影響もあるからファーサイドがいつも甘くなる。そしてそのファーはまたしても森脇。宇佐美という日本を代表するストライカーをこれだけ軽々とフリーにさせちゃいますかという感じ。せめてユニくらいは触っておけという感じ。ユニを触っていればどっちに動いてるかボールを見ながらでもわかるのだからね。この写真を見ても、彼は誰もいないゾーンを腰を落として守ってる。つまり「ボールしか見てない」ということ。

123454

ちなみに今日は審判の誤審と思われるシーンが2度ほどあった。いずれも大阪に有利に働く結果になっている。1つ目は後半終了間際の浦和のFK。ボールをPA内に蹴り込んでこぼれたところ、大阪のDFがGKにバックパス。しかしGKはボールをキャッチして「反則!」と思ったが笛はならず。

このシーン、映像で見てもらえばわかるが明らかなバックパス。その証拠にバックパスをした大阪のDFがボールに向かう浦和の選手を背中で押さえ込んでいる。つまりこのDFは、危険なゾーンでGKが足でプレーしないといけないことをわかっていたから、GKのためにスペースを作るために反射的にこのような動きになったんですよ。胸パスやヘディングパスでGKに戻せば同じ動きにはならないでしょうから。ところが挙動不審のGKも一瞬迷った後にキャッチング。恐らくこのDFも動揺したことでしょう。プレー後のそろっとした挙手が意味わかりません。わかっていたからこそ「違う違う」と言いたかったのだろうね。

スクリーンショット 2015-03-01 11.16.45

次に2点目。パトリックに浦和DF2名が寄せていますが、何故か1名が意味不明に転んでいる。パトリックが足をかけているんだよね。これは海外のうまいFWはよくやる手で、審判には見にくいファール。特に競り合っているので、審判はユニを引っ張ってないかどうかの上半身に目が行きやすく、高速で回転している足には気が回らない。ごついパトリックに体でぶつかりながら全力で走っているところに足を軽くひっかけられたら人間は簡単に転びますよ。恐らく倒された浦和のDFも気がついてないだろうね。ただ海外のDFはこの程度では倒れないけど・・・。

321

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中