Home

日本ハムの大谷は良い選手で、稀に見る逸材だと思う。紛れもなく球史に残る名選手になると思うよ。二刀流なんて普通に考えたら不可能な話。でも彼はそれをやってのけている。凄い!まさにドリームの世界。プロ野球に夢を持ち込んでくれたなと感じている。

しかし、チームマネジメントとしてみた場合、大谷の二刀流に少なからず依存をしている日本ハム・栗山監督は決して褒められないリーダー像かなと考える。

考えてみてほしい。エースで主力打者を大谷がまかなえばチームとしては1人で2役、それも2つの主力を補ってくれているのでチームとしては選手登録数的にとても助かる。しかし大谷が怪我をして戦列を離れたらどうか。エースと主力打者を一度に2名失うという計算になる。例えば巨人で言えば菅野と坂本を失う、ソフトバンクで言えば摂津と松田を失うようなもので、チームマネジメントだけでなく勝敗の行方に大きな影響を与える。

二刀流というのは監督してみた場合、リスクマネジメントを考えたら絶対に避けたいシチュエーション。二刀流の成功、チームの優勝はファンにとってどちらも夢。しかし現実的に1つの怪我で2人の主力を失うようなチームマネジメントでは、企業の経営者の場合は失格になる。ただでさえ属人的になりがちなプロスポーツの中で、さらに追加で人に依存するような戦略は、好調な時は良いが、崩れ始めたら止まらないと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中