Home

「お前に失礼だよな。打つか?」「嫌です」「じゃぁ変えるな。」「バッター高津」

はるか昔、日本にイチローと松井がいた頃のオールスター。イチローが松井の打席でマウンドにあがり球場は大盛り上がり。普通の監督であれば、オールスターということもあり、監督自身が粋な存在になろうと松井を問答無用で打席に送った。しかし野村監督は冷静に、松井に問いかけたのが冒頭の会話。

しかも代打には野手ではなく投手の、それも自分のチームの選手である高津を送った。ここで他の野手を送っていたら「松井だから」となっただろうけど、あくまで投手を代打にぶつけたあたり、野村監督の選手へのリスペクトを強く感じる。

その後松井は巨人、ヤンキースなどで活躍して現役を引退。国民栄誉賞をもらうに至った。

もしあの時、松井が打席に送られイチローに打ち取られていたら、「外野手イチローに抑えられた、強打者松井」という記憶がずっとイチローと松井を語るときについてまわったと思う。真面目な松井はずっとそれと向き合わないといけなかったと思う。

世論に「エンターテイメントさがない」と叩かれて自分で批判を浴びた野村監督だったが、選手の事を実に真剣に考える監督だったと思う。それゆえ、自信を失った選手を「野村再生工場」で再生させることができたのだと思う。

相手を知るということに非常に長けている野村監督、さすが論語のスペシャリストである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中