Home

先制されるも浦和がすぐに追いついて結果的に3−1の圧勝劇。今日の浦和は強かった。興梠は今の日本でも有数のストライカー。点で合わせるタイプでは恐らく日本一。興梠のシュートの時、キーパーのパンチが顔に当たっていたけど、あれはない。キーパー後から飛んでんじゃん!と思ったけど。

ただ、今日の湘南は弱すぎた・・・というか、予想以上にひどかった。浦和との実力差は埋めがたいのは当然だけど、これではJ1は厳しいと思われ・・・。

まず、湘南はボールをとったら一気に大人数で走りこむサッカーを極めようとしているけど、今日の試合でわかったのが「中盤がない」「中盤を飛ばす」サッカーだということ。中盤でボールを落ち着かす人材も術もないから、ボールをとったらひたすら人数をかけて直線的に走り回るだけ。後半、山田直輝を投入したあたりから少しボールの動きに強弱がでてきたけど、緩急のセンスがなく、根本的に戦術不足。前半からこんなパワープレーみたいなサッカーをしていたら、J1クラスになれば前半のうちから相手は慣れてくる。今後も3バックのチームにはこの戦術はまず効かないのは覚えておいたほうがいいと思う。両サイドハーフを下げられて5バック気味に引き目に守られたら、強力な攻撃陣を持たないのだからお手上げ。しっかりと山田直輝を中心としたチームにしてもう少し中盤でボールを溜められるチームにしたほうがいいと思う。

湘南の監督は攻撃こそ最大の守りのような感じで考えているのだろうけど、直線サッカーは攻撃時間が1番短い攻め方であるということをもっと理解すべきだろうし、直線サッカーをやるなら徹底して堅守で鍛えないとダメ。この戦い方をずっと今シーズンやるなら降格はあっさりきまる可能性もある。

浦和は、興梠が出ていれば前はかなり落ち着いてくる。彼がいることでパスサッカーでもドリブルでも、放り込むパワープレーでもなんでもできる。彼は今の日本では減ってきた古典的なストライカーだと思う。だからなんでも対応できる。全盛期の中山や武田のような感じで、必ずボールが出る位置にいてくれる。パスの出し手からみたらとても助かると思う。

しかし、浦和の守備は未だ危うい感じ。湘南が決め手を持たないチームだったから良かったが、基本的に槙野と森脇が相手にPA内に入られるとあたふたしてしまう。2人とも恐怖感がもろに出てしまってる。これでは他のチームであれば2〜3点は取られていてもおかしくない。とにかくPA内での怖がりと遠慮っぷりが半端ない。特に森脇。完全にDFと競り合う時にびびってる。多分精神的な部分に問題が発生しているのだと思う。だから慌てて相手をつかむ癖があるし、ユニの引っ張り方にもセンスがない。そして審判団にこれまでの態度の面でブラックリストに入れられてるんじゃないのかな。今の森脇は完全にバイオリズム低下中。数試合ほど休ませてみたらどうだろうと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中