Home

imgres-2個人的には完成度が高くない浦和に対してホーム・広島が取りこぼした感じがする。裏を返せば浦和は広島から貴重な勝ち点1を獲得し、目的は達成した。この1点があとでじわっと効いてくる。下位から確実に勝ち点を取り、上位に負けない戦いをしていけば短期決戦の今シーズンは勝機が見えてくる。このサッカーをしていれば浦和の優勝確率はかなり高まってくる。シリーズ前半にしては上々のサッカーだった。

しかし、毎度のことながら敬意を抱くのが佐藤寿人のサッカー。前半から広島がテンポ良く攻撃してきたが、きっちり浦和の3バックの裏を取ってくるサッカーだった。3バックには佐藤寿人のような反対の方向への動きが効いてくる。例えば味方がボールを持って中央にからバイタルエリアの手前あたりにいると、佐藤寿人はだいたいバイタルエリアに位置してそこから外に開いてパスをもらいにいく。いわゆる佐藤寿人の得意な左45度の位置へ。DFとしてみればバイタルエリア手前にボールがあるのに、中央は開けられない。しかし佐藤の得意なエリアは開けられない。しかし中央を開けたらそのまま突っ込んでくる。完成された佐藤の動きであり、広島のパターン。わかっていてもカウンター気味で来られるとサイドハーフが戻りきれてないので対処が難しい。

しかし浦和にも不安要素がある。浦和が採用した3・6・1はサイドハーフが戻れれば5バックになるのでアウェイで勝ち点1を取りに行くには安全で確率の高い戦術だけど、サイドハーフに配置される選手たちの意識が攻撃への比重が高い選手たちだから、この試合のようにサイドハーフの裏をとられるケースが今後増えると思うし、センターバックが外に引き出された時に、中盤は誰が下がってくるかもはっきりさせたほうがいい。特にカウンターで阿部が前に出てしまった時の不安定感はまだまだ強い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中