Home

浦和 1-1 北京国安

結果だけみればACL突破が難しくなった浦和だが、北京国安相手に追いついてのドローは今年の残り試合を考えると悪くはない結果だったと思う。今回の北京国安戦では槙野を1列あげディフェンシブハーフでプレーさせた。今年の2月にTwitter上で私は槙野は中盤にあげたほうがいいという意見を書いた。今回はまさにその展開となった。

監督は攻撃面でのプラス要素を考えて槙野を1列上にしたのだろうが、結果的にこれは私の意見でもあるディフェンスの強化にも繋がる。やはり勝ち切るには槙野と森脇をセットで最終ラインに置くのはリスク。彼らの攻撃性を考えると1つ前におきながら一時期流行ったディフェンシブフォワードならぬ、超ディフェンシブフォワードをやらせればいいのだと思う。これは闘莉王がいた頃の「プラス1」戦術に近い。闘莉王の場合はリベロとしての役割が上手だったのと坪井や啓太といったフォローアップの体制ができていたので最終ラインから前線に駆け込めたが、今の浦和では彼らほどのフォローができる選手がいないため、やはり槙野を1列上にあげたほうがいい。

アジアで勝ち切るには守備力が必要であることは今回のACLでも強く感じている。国を挟んでのホーム・アウェイのようなスタイルになる場合、アウェイで失点をゼロにする、最低でも「負けない試合」ができるかどうかが重要になる。ACL4戦未勝利でも内容がドロー4試合と1分3敗では順位が変わる。つまり「勝つのが難しい」なら「負けない」事をまずは固める必要がある。

槙野を中盤にすることで、中盤の守備力が一気に上がり、最終ラインの負担が大幅に減る。これによって中盤でのインターセプトも増え、前線に最短距離でボールを持ち込む事ができる。強い相手を自陣から追い出すにはやはり中盤の守備力が必須。Jでは首位ということもあって最終ラインからのビルドアップでも十分やれても、アジアでは最終ラインからのビルドアップがうまくいく確率は低くなる。だから中盤での守備成功率を増やして前線にアタックするサッカーを浦和は今後考えていかないといけない(クラブ経営側として、Jだけの活躍で満足なら今のままでも良いが)。

そういう意味で、今回の浦和のとった戦術はアジアに再び浦和が戻っていくための重要な「Re:1歩目」になるゲームだったのではと考える。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中