Home

得点シーン、宇賀神1人でGKとDFを釣ったのが凄い!と思った。ボールを受ける時に内側に切れ込みつつボールを受けてトラップでも更に内側に切り込んでラストパスでしょ?ゴールに向かって切り込んで来られるとGKはニアを開けるわけにはいかないからファーサイドががら空きになる。そして大阪のDFも1名急に後ろに下がっているけど、宇賀神がゴールに向かって切り込んだことで角度が悪くなるので、マイナス角度での早いパスがくると思ってさっと動いている(結果的にこれがズラタンがノーマークになる原因になる)。このDFは集中力が高かったのか、考えすぎたのだろうね。これが疲れていて鈍かったら逆にこの動きはしてないと思う。

このシーン、普通なら内側に切れ込まずにそのままラインギリギリまで縦に突破してセンタリングをする。このようなセンタリングはニアよりもファーにボールがいく可能性が高く、GKはニアを意識しつつもファーにむかった動きをするので、GKの選択肢は多い。しかし内側に宇賀神が切れ込んだことで、GKはニアに張らざるを得なくなった。宇賀神の隠れたナイスプレーだったね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中